2021日本パッケージングコンテスト 入賞

株式会社ダイドーは、公益社団法人日本梱包技術協会の主催する日本パッケージコンテスト2021にアシストスーツTASK AR3.0の梱包を出品し、工業包装部門賞を受賞しました。

日本パッケージングコンテストとは?

日本パッケージングコンテストは包装におけるデザインからロジスティクスに至るまでのその年の包装の最高峰と優秀群を決定するもので、公益社団法人日本梱包技術協会が主催し、毎年開催されています。
入賞作品には、優れた包装の証であるGPマークの使用が許可され、包装が中身を更にグレードアップするとされています。

TASK AR3.0 の梱包のポイント

今回受賞したのは、2021年5月に発売したアシストスーツTASK AR3.0の梱包箱です。

この梱包のポイントは、環境、安心安全、生産効率、コストに配慮したオールダンボール包装であること。構成は緩衝材上部・下部・中押さえの3点とし、省部材、コストダウンを図りました。また個装箱と上部・下部に抜き穴と凸部を設けて方向性を設定し、配置違いを起こさぬよう、中押さえは製品を抑える機能を持ちつつ、説明書も配置できるようにしました。

株式会社ダイドーは、高齢化や人手不足を課題とする現場にアシストスーツを通じて貢献していく他、ご提供する製品はできる限り環境に配慮したものを開発・生産して参ります。

参考:日本パッケージングコンテスト 包装部門賞

https://www.jpi.or.jp/saiji/jpc/2021/index03.html

投稿者: 上島 駿平

アシストスーツ営業担当の上島です!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。